作品紹介

“たった7日間の恋が、永遠になる―” アン・ハサウェイ×『プラダを着た悪魔』のスタッフが贈るラブ・ストーリー

フラニーが恋に落ちたのは、偶然出会ったツアー中のミュージシャン・ジェイムズ。
出会うはずのなかったふたりの期間限定の恋が今はじまる―。
主演のフラニー役には『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞(R)助演女優賞に輝いたアン・ハサウェイ。本作でも可憐な歌声を披露している。また脚本に惚れ込み、主演だけでなくプロデューサーも務めている。監督デビューを果たしたのは、『プラダを着た悪魔』で監督アシスタントを務めていた、ケイト・バーカー=フロイランド。自ら書き上げた脚本をプロデューサーのジョナサン・デミに送り、そこからアン・ハサウェイをはじめ強力な制作者達が集まり、素晴らしいデビューを飾った。ニューヨークのブルックリンを舞台に、ブルックリンを象徴する音楽を使いながら、自然な街並みが描写され、都会的なムードを醸し出している。音楽を通して、予期せぬ出来事で偶然に出会った2人の恋を甘く切なく描いたラブ・ストーリー。

フラニーが恋に落ちたのは、偶然出会ったツアー中のミュージシャン・ジェイムズ。出会うはずのなかったふたりの期間限定の恋が今はじまる―

 

ストーリー

NY、ブルックリン この街で、忘れられない恋をした

フラニー(アン・ハサウェイ)はモロッコに住み、遊牧民の文化を研究しながら人類学博士号を目指している。そこへ母親のカレン(メアリー・スティーンバージェン)からミュージシャン志望の弟のヘンリー(ベン・ローゼンフィールド)が交通事故で昏睡状態にあると緊急の連絡が入る。ニューヨークに急いで戻った彼女は、何の反応もなく管とモニターに繋がれているヘンリーの病室で付き添う母親と再会する。 この事故によって再会することになった家族だったが、以前から二人とは疎遠になっていた。大学を辞めてミュージシャンになると言った弟に反対し大喧嘩になって以来だった。そして長いこと未亡人のカレンは孤独を感じながらも遠く離れたところにいる、打ち解けない娘を心配していたのだった。しかし、二人はヘンリーへの寝ずの看病を続けていくうちに打ち解けていく。

実家に戻ったフラニーは、自分が不在中のヘンリーの生活を垣間見ようと彼の部屋を覗く。ギターケースの中にCDを見つける。そこから流れてきたのはフラニーに宛てたヘンリーからのメッセージだった。今まで何度もフラニーに拒絶されていたが、今回の曲は聴いて欲しいと語っていた…。曲は美しく洗練されたものだった。ケースの中にはヘンリーが書き残したノートも入っていた。そこには彼の日々の感想、曲のアイデア、スケッチ、ちょっとした考えが記されていた。ノートの間に人気ミュージシャンのジェイムズ・フォレスター(ジョニー・フリン)のライブチケットが挟まっていた。ジェイムズのポスターはヘンリーの部屋の壁に張り巡らされていて、敬愛するミュージシャンだった。代わりにジェイムズのライブに出かけていくフラニー。ステージ上のジェイムズには謙虚で庶民的なカリスマ性があった。持ち歌の有名な曲や人気の曲を歌う彼の哀調を帯びた歌声、心を揺さぶる歌詞、ドブロ・ギターとバイオリンの重奏がファンの心を虜にする。フラニーはヘンリーの事を話すために彼に近寄り、ヘンリーの作曲したCDを渡す。ファンの一人であるヘンリーを覚えているはずもなかったが、入院先の病院を伝えて別れた。 ヘンリーの人生と彼が愛した音楽の世界をできる限り知りたいと思ったフラニーは、彼の残したノートをもとに彼が好んだアーティストやライブハウスを探し求める。全てを録音し、ヘンリーの病室で再生することで彼の意識が戻ることを願っていたのだ。 突然、ジェイムズがギターを片手に病室に現れる。ジェイムズはCDを聞いただけでなくヘンリーの才能を感じて見舞いに来たのだった。さらにフラニーの事も忘れられなかった。ジェイムズはヘンリーの脳に刺激を与えようと病室で歌い聴かせる。

フラニーとジェイムズは、オープンマイクイベントに参加したり、ブルーグラスに合わせて足踏みをしたり、古き時代のソウルを聴いたり、グリーンポイントのウオーターフロントから地平線を眺めたり、と一緒に過ごすようになってお互いに惹かれ合っていく。しかし、ジェイムズはツアーを終え、自宅であるメーン州の森にあるトレーラーに戻る日が近づいていく―。

キャスト紹介

アン・ハサウェイ

アン・ハサウェイ(フラニー·エリス役/プロデューサー)

1982年11月12日生まれ、アメリカ/ニューヨーク州ブルックリン出身。
弁護士の父と舞台女優の母、兄と弟という家庭で育つ。高校卒業後、ニュージャージーのペーパーミル・プレイハウスやニューヨークの名門演劇学校バロー・グループの俳優養成講座で学び、そして映画デビュー作『プリティ・プリンセス』(01/ゲイリー・マーシャル監督)で主役に抜擢され、一躍人気を博す。主な出演作品は、『ブロークバック・マウンテン』(05/アン・リー監督)、『プラダを着た悪魔』(06/デヴィッド・フランケル監督)、『レイチェルの結婚』(08/ジョナサン・デミ監督)ではゴールデングローブ賞、アカデミー賞でそれぞれ主演女優賞に初ノミネートされた。『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(11/ロネ・シェルフィグ監督)、『ダークナイト ライジング』(12/クリストファー・ノーラン監督)など話題作に出演、『レ・ミゼラブル』(12/トム・フーパー監督)では持ち前の歌唱力を披露し、ついにアカデミー賞助演女優賞に輝いた。最新作『インターステラ―』(14/クリストファー・ノーラン監督)に出演中。

ジョニー・フリン

ジョニー・フリン(ジェイムズ・フォレスター役)

1983年3月14日生まれ、南アフリカ/ヨハネスブルグ出身。
ミュージシャン、ソングライター、俳優。父親と2人の兄が俳優であったため、幼いころから演劇に親しむ。舞台出演作では「The Heretic」(リチャード・ビーン作)において、2012年度年間ロンドン新人賞(London Newcomer of the Year)、イブニング・スタンダード賞の2012年度年間最優秀新人賞、またシェイクスピアの「十二夜」「リチャード三世」では主役を演じており、「十二夜」の演技で2013年イアン・チャールソン賞にもノミネートされ、高く評価されている。現在、ジョニー・フリン&ザ・サセックス・ウィットというバンドのフロントマンを務め、デビュー・レコード「A Larum」(08)、その後も「Sweet William EP」(09)、「Been Listening」(10)と発売している。最近の出演映画は、フランス人監督・オリヴィエ・アサヤスが監督し、クロエ・グレース・モレッツ、クリステン・スチュワート、ジュリエット・ビノシュと共演の『Clouds of Sils Maria』(14)。2012年にはオリヴィエのフランス映画『5月の後』〈未〉(12)にも出演している。

メアリー・スティーンバージェン

メアリー・スティーンバージェン(カレン・エリス役)

1953年2月8日生まれ、アメリカ/アーカンソー州ニューポート出身。
大学では演劇を学び20歳でニューヨークへ渡る。そこで書店やレストランなどに勤めながらネバーフット・プレイハウスで演技指導を受ける。78年映画デビューを果たし、同年には『ゴーイング・サウス』のオーディションを経てジャク・ニコルソンと共演。名作『タイム・アフター・タイム』(81/ニコラス・メイヤー監督)に出演後、『メルビンとハワード』〈未〉(80/ジョナサン・デミ監督)の演技で主要映画賞の助演賞を独占しアカデミー賞最優秀助演賞を受賞。その後も多くの作品に出演、コメディからシリアスまで幅広いジャンルで映画やテレビなどで活躍している。

スタッフ紹介

ケイト・パーカー=フロイランド(監督・脚本)

ケイト・パーカー=フロイランド(監督・脚本)

過去数年間に渡り、彼女は短編映画やビデオを監督してきており、リンカーン・センターのEmerging VisionsプログラムのIFP-Film Societyに選ばれた。彼女の短編「Match」は、リンカーン・センターとニューヨーク近代美術館の新人・新作品プログラムの一環で上映され、スチューデント・アカデミー賞のセミファイナリストになる。
『上海の伯爵夫人』(05)のメイキングを上海で監督した後、『プラダを着た悪魔』(06/デヴィッド・フランケル監督) で監督アシスタントを務める。シカゴ大学を卒業後、2011年コロンビア大学で監督学のMFAを取得。現在もブルックリン在住。

ケイト・パーカー=フロイランド(監督・脚本)

1944年2月22日生まれ、アメリカ/ニューヨーク州ロングアイランド出身。
フロリダ大学で獣医学在学中に学内新聞の映画評を執筆した経験を生かそうと、地方新聞の職を得るが、父親の紹介で映画会社の宣伝マンとなり数年間働く。その仕事を通じてロジャー・コーマンと出会い、1971年から1976年までコーマンの下で働く。初期はプロデュースや共同執筆をし、ロジャー・コーマン監督作品『レッド・バロン』に参加、インディーズ映画の監督となる。コーマンの設立した低予算インディペンデント製作会社ニューワールド・ピクチャーズで1974年『女囚刑務所・白昼の暴動』で映画監督デビュー、1976年の『怒りの山河』まで3本の映画を撮る。
続く『メルビンとハワード』(80)でニューヨーク映画批評家協会賞監督賞受賞。『ストップ・メイキング・センス』(84)で全米映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞を受賞。1991年公開の『羊たちの沈黙』(91)でベルリン国際映画祭監督賞とアカデミー監督賞をダブル受賞した。『レイチェルの結婚』(08)ではベネチア国際映画祭に出品され高い評価を受けた。

インタビュー